愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

  • 1日限定2名製造業向け決算書診断
  • 財務塾塾生の声
  • 財務塾47都道府県財務塾全国制覇の道

塾生の声 大阪2期  金剛ダイス工業株式会社 廣尾敬雄様

財務塾生の声金剛ダイス工業廣尾様

経営者にとって、大切なことがわかる
本物の財務塾は、岸野流実践財務塾

事業内容、3C・SWOT分析、自社の進むべき方向と戦略、それらの課題に対してムダのない対策をできるのが岸野流実践財務塾 財務基礎編の強みです。2回の講義で財務の基礎を復習し、つづけてお客様の過去三期分の決算書をテキスト代わりとすることでより複雑な経営状況も確実に改善します。
岸野流実践財務塾少人数制

金剛ダイス工業株式会社 代表取締役 廣尾様のお言葉

〈実践財務塾の受講で得たもの〉

先代社長と当時の経理担当者が数字に強かったこともあって、私は厳しく鍛えられたこともあって、財務分析に関しては正直自信がありました。でもそのことは経営者になった途端、それほど重要ではないことがわかりました。もちろん全く必要でないわけじゃありません。分析を人任せにするのは判断を誤ります。でも経営者が本当に見たいのは今までの苦しかった姿じゃなくて、思い描く将来の姿のはずです。

この実践財務塾で事業性評価というものに初めて触れました。そこで必要となったのは、事業内容、3C・SWOT分析、自社の進むべき方向と戦略、それと課題、これらを明確にすること。今の立ち位置とありたい姿、そこに向かうための道筋と現状の問題点、これを自分の言葉で明確にできるかが私にとっての一番の課題となりました。取り組んでいく中で、借りてきた言葉じゃなく自分の思いが正しく伝わる表現にすることに今まで注力していなかったと痛感しました。今回の受講で得た学び、代表者になってからの10年の振り返り、共に学ぶ仲間が描く将来の姿、自分が描く本当にたどり着きたい将来の姿、ワクワクしながらこの事業性評価シートを作成しました。もちろん作成してすぐに取引金融機関に提出しました。

何よりうれしかったのは県外から和歌山工場までわざわざお越しいただけるようになったことです。何を作っているのかは長い取引の中で知っていても、これから何をしていくのか、今の課題は何か、手伝えることは何かを事業性評価シートを手にして質問されたことで、やっと経営者として認められたという思いを感じました。自信も生まれたことでこれまでできなかった交渉も少し上手になったかもしれません(笑)。その成果もあってこの事業性評価シートを高く評価して取引してくださる金融機関も増えました。話す内容も少し変わった、わかりやすくなったと社員から言われるようになりました。

今回の受講で見えるようになったのは自社の将来の姿、得たものは応援してくれる社員と仲間でしょうか。財務状況を変えるには会社の成長性や安定性を見直さないといけない。そのために今の財務を正しく把握するとともにどういう状況にしたいのか。それを自分の言葉で明確にするのが事業性評価シートではないかと感じています。

儲かっている儲かってないは過去のデータ、自社を将来どういう状況にしたいのかは未来、それを財務面でも明確にすることが経営者にとって一番大切な仕事じゃないでしょうか。過去の積み上げでは求める未来はつかめませんよ。

金剛ダイス工業株式会社様の最新情報

金剛ダイス工業株式会社様の製品・技術紹介

ヘッダーダイス

デジタルカメラやパソコン、ゲーム機、家電などに使用される極小ネジを製造するには小径穴のヘッダーダイスが必要です。弊社では穴径φ0.4~φ10を得意としています。

各種超硬合金製品

超硬合金はとても硬い材料です。その特性を利用した切削用刃物やノズル、ワイヤーガイド、位置決め用治具や測定用治具などに用いられることがあります。

多段式冷間鍛造工具
フォーマー工具の製造

長年の経験を基に最も適切な材料、構造を選択し、お客さまごとに必要となる要素を作りこんでおります。

金剛ダイス工業株式会社様へのお問合せはコチラ

財務塾金剛ダイス工業
財務塾悩みを解決
財務診断財務ドック
財務ドック財務診断

皆さんは、自分が健康か、どんな手段を使って確認していますか?

私なら、「人間ドック」で検査を受け、病院でくまなく自分の体を診てもらいたいと考えます。
体の調子が少しおかしいな…と思って、病院に足を運んで医者に診てもらい、単なる風邪という診断であればいいですけど、肺炎になる一歩手前だったり、食生活自体を変えてしまわないといけなかったり、場合によっては手術しなければいけない状況にもかかわらず、それに気づかず放置していると、極端にいうと癌のステージ4で手遅れになってしまうこともありえます。そうなってしまうと、取り返しがつかないですよね。
会社経営も同じです、ステージ4で手遅れになる前に財務の専門家に診断していただくことをオススメします。以下に、簡単なチェック項目を用意しました。要治療・要精密検査・軽度異常に該当した方は、財務ドックを受診してください。

財務診断悩み
財務診断相談先
財務相談の頻度
財務診断判定の説明
財務診断の結果

いかがでしたでしょうか?「できている!」と思っていた方も、意外な落とし穴に嵌っていたりするのです。専門的な「財務診断」には、裏付けがあります、岸野浩通本人が起業して約12年、多くの製造業の財務顧問として実務に携わってきました。そして、2年間で46社の卒業生を輩出している「岸野流実践財務塾」では、「製造業に特化した財務塾」として、確固たる地位を築きました。
 そこで、岸野流実践財務塾で学ぶにはハードルが高いとお考えになる経営者向けに、もっと簡単に会社の財務の健康診断を行える「財務ドック」をご用意しました。診断は簡単です。以下のエントリーフォームに必要事項を記入していただき送信していただくだけです。専門の担当者が折返しサービスのご案内をお伝えいたします。

財務診断

■ もう一度、経営のプロセスを基礎から学習したい。
■ 自社の経営を他社と比較したい。
■ 息子娘に事業継承するため学習したい。
■ 経営者の視座を後継者に伝えたい。

■ 損益計算書から自社の弱点を洗出したい。
■ 今、何をするべきなのか、数字から読み解きたい。
■ 未来、あるめき姿の自社を知りたい。
■ 今、何を改善するべきなのか知りたい。
■ 多角化している事業を、まとめて収益改善したい。

■より効果的な経営を財務の面から導き出したう。
■実力を発揮できる事業の資金を集めたい。
■M&Aで、より強い会社にしたい。
■得意な事業をさらに伸ばしたい。
■取り組んでいる事業の成長スピードを加速させたい。

■事業性評価シートを自作で作って効果的に資金を調達したい。
■自社の歴史から10年先の事業計画を作りたい。
■不得意な事業を売却したい。
■将来を見据えてM&Aを効果的に使いたい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ