愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

  • 1日限定2名製造業向け決算書診断
  • 財務塾塾生の声
  • 財務塾47都道府県財務塾全国制覇の道

塾生の声 東京5期  株式会社若宮エンジニアリング 木曽康之様

会社の現状がハッキリとわかる
本物の財務塾は、岸野流実践財務塾

私生活や通常業務などを犠牲にすることなく、より実践に近い方法で理想の企業体質を導き出します。基礎からしっかりと学習し、自社の決算書を取り入れることでよりリアルな講習を受けられます。さらに講習を繰り返すことで理想の企業体質へ仕上げていきます。
岸野流実践財務塾少人数制

株式会社若宮エンジニアリング 代表取締役 木曽様のお言葉

父から代表を受け継いで2年半になりますが、通常の業務に忙殺され、(現状でもそうですが)、経営者らしいことは出来ておらず、長年財務に苦手意識を持っておりました。
 会社の経営については、おかげさまで、無借金経営と呼ばれる状態で経営しており、その反面、銀行の方とお話しする機会も皆無で、自社の経営状態が健全であるかどうかを判断することができない状態で、税理士さんとお話しすることが唯一の経営を考える機会でございました。
 もともと試算表を見るときも、損益計算書の利益しかチェックしておりませんでした。B/S、P/L自体の言葉の理解すら怪しい状態でしたので、実践的なことを学ぶ上で、財務塾はとてもハードルが高いように感じておりましたが、岸野さんのお話を聞き、財務を見ることに経営者として触れた方がいいと感じ受講を決意いたしました。
 弊社は、機械メーカーですが、取引の件数が少なく、販売する機械の大きさやスペックにより、期ごとに売上や利益の変動が左右されております。財務の中身を紐解くことで、今後の経営方針のヒントが多く得られることができました。また、漠然とした景気や社会動向に左右される判断ではなく、自社の健康診断のように分析をして、生産体制の問題点を洗い出す、いいきっかけになりました。
 さらには、以前から検討していた、機械の納期の問題を解消するため、半製品を持つことを検討しておりました。対応していくためには、お金がかかる部分も多くあり、どの程度のコストを掛けられるか不透明でしたが、財務塾で学んだ、運転資金の計算や、棚卸資産回転率など、具体的な数字の目安を考える視点が身につき、実践的な力が付く受講でありました。
 代表権を譲り受けてから、3年弱になりますが、経験も浅く、経営者としての気質も不足していると自己分析しておりますが、この3年弱の期間で学んだことは、自身の仕事観を作っていくことの重要性です。これが経営判断を行う際に肝となると感じているからです。
 様々な人と出会い、話すこと、お客様の情報を得ていくこと、日々の生活の中でも得る情報の中でも、自身の中に蓄積していき、その総合的な仕事観、人生観が、経営判断を作っていくことだと感じております。そういった意味では、私自身の今後の経営者としての仕事観に多大なる影響を与えてくれた、半年間でした。
 岸野様はじめ、一緒に学んでくださった東京5期の仲間にもあらためて御礼申し上げたいと思います。

株式会社若宮エンジニアリング様の製品・技術紹介

株式会社若宮エンジニアリング様へのお問い合わせはコチラ

 ●所在地 〒130-0005 東京都墨田区東駒形3-10-2
●TEL (03)3622-2771(代)
●FAX (03)3622-2730
財務塾各社に合った切り口
財務塾の狙い
財務塾の狙いと指導
財務塾導入編流れ
財務塾悩みを解決
実際に多くの経営者が設備投資、事業拡大しています

■ もう一度、経営のプロセスを基礎から学習したい。
■ 自社の経営を他社と比較したい。
■ 息子娘に事業継承するため学習したい。
■ 経営者の視座を後継者に伝えたい。

■ 損益計算書から自社の弱点を洗出したい。
■ 今、何をするべきなのか、数字から読み解きたい。
■ 未来、あるめき姿の自社を知りたい。
■ 今、何を改善するべきなのか知りたい。
■ 多角化している事業を、まとめて収益改善したい。
金剛ダイス工業財務塾

■自社の「将来」あるべき姿を知りたい。
■社員さんと想いを共有したい。
■自社の事業における、安定性と成長性を見極めたい。
■金融機関に評価される事業性評価シートを作りたい。
パール技研財務塾

■金融機関専門用語を学びたい、知りたい。
■金融機関側の思惑を知りたい。
■金融機関担当者と同じ目線で話をしたい。
■わからないから質問ができなかった、でも今は違う。


■より効果的な経営を財務の面から導き出したう。
■実力を発揮できる事業の資金を集めたい。
■M&Aで、より強い会社にしたい。
■得意な事業をさらに伸ばしたい。
■取り組んでいる事業の成長スピードを加速させたい。

■事業性評価シートを自作で作って効果的に資金を調達したい。
■自社の歴史から10年先の事業計画を作りたい。
■不得意な事業を売却したい。
■将来を見据えてM&Aを効果的に使いたい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ