愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

  • 1日限定2名製造業向け決算書診断
  • 財務塾塾生の声
  • 財務塾47都道府県財務塾全国制覇の道

塾生の声 大阪3期  株式会社エストロラボ 東山香子様

財務塾生の声エストロラボ東山様

自社を思いやる気持ちも再認識
本物の財務塾は、岸野流実践財務塾

「他社の事業性評価シートを見る」こんなことは、よそでは体験できない経験です。他所を知って、自分を知ることは、学習の近道となります。社長が自社への想いを熱く語る、そんな想いの詰まった事業性評価シートはお客様・社員さん・協力工場さん・金融機関への想いを再実感するものとなるでしょう。
岸野流実践財務塾少人数制

株式会社エストロラボ 代表取締役 東山様

事業性評価シートの作成は苦しくも楽しい作業でした。

授業が始まると、難しくてついていけないというのが実感でした。
その時は納得しても頭に入らない、日常業務に追われて忘れるの 繰り返しでした。あっという間に1ヵ月が過ぎ、さらにあっという 間に5ヶ月が過ぎました。

創業して13期目、この時期に勉強できて良かったという実感もあります。自分自身がどれくらい分かっていないかを理解できたので 自社の決算書以外にも他社の決算書も見る、場数を踏んで慣れていきたいと思います。「大枠を掴む」「俯瞰してみる」ことが出来る ようになればこれまで以上に経営が面白くなる、ということを教えてもらったと思います。

・定期的に銀行担当者と話する
・そのためにも自社の数字をきちんと把握する

これからは、この2点に取り組みたいと思います。
事業性評価シートの作成は苦しくも楽しい作業でした。
まだ進めますが定期的に更新するというのがまだイメージできてい ません。
他社の事業性評価シートがとても面白かったです。

社長が自社と会社への想いを分かりやすく語る、書くということは 銀行向けだけでなく、社員や顧客、協力工場向けにも必要な力だと 改めて感じました。

ハイ、これで終了。という気にならないので、今後ともご指導頂けることを期待しつつ 感想を終えたいと思います。

株式会社エストロラボ様の最新情報

株式会社エストロラボ様の製品紹介

放電加工財務塾

自慢の技術:細孔放電加工

細穴放電加工とは、放電の弱点である”深い穴”の放電加工を行う加工法です。
回転する電極内部に高圧の水を送り込むことにより、『早く』『安定した穴径』 また「小径の深穴加工」を可能にします。

身長約3㎝のエストロロボ

細穴放電加工専門店「エストロラボ」によるロボット型チャーム『ESTRO ROBOT』
高度な加工技術とハンドメイドの融合による商品開発を進めています。

株式会社エストロラボ様へのお問い合わせはコチラ

エストロロボの購入はコチラ

財務塾悩みを解決
実際に多くの経営者が設備投資、事業拡大しています

■ もう一度、経営のプロセスを基礎から学習したい。
■ 自社の経営を他社と比較したい。
■ 息子娘に事業継承するため学習したい。
■ 経営者の視座を後継者に伝えたい。

■ 損益計算書から自社の弱点を洗出したい。
■ 今、何をするべきなのか、数字から読み解きたい。
■ 未来、あるめき姿の自社を知りたい。
■ 今、何を改善するべきなのか知りたい。
■ 多角化している事業を、まとめて収益改善したい。
金剛ダイス工業財務塾

■自社の「将来」あるべき姿を知りたい。
■社員さんと想いを共有したい。
■自社の事業における、安定性と成長性を見極めたい。
■金融機関に評価される事業性評価シートを作りたい。
パール技研財務塾

■金融機関専門用語を学びたい、知りたい。
■金融機関側の思惑を知りたい。
■金融機関担当者と同じ目線で話をしたい。
■わからないから質問ができなかった、でも今は違う。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ