愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

  • 1日限定2名製造業向け決算書診断
  • 財務塾塾生の声
  • 財務塾47都道府県財務塾全国制覇の道

1日限定2名 製造業向け財務ドック/決算書診断

財務ドック財務診断

さっそく、診断ご希望の方は上の「診断スタート」をクリックしてください。

【TOPICS】

2月20日(水曜日)
日刊工業新聞社様に掲載いただきました。

日刊工業新聞社様総合面に財務ドックの記事を掲載していただきました。
クリックしていただくと、記事を拡大して表示できます。


皆さんは、自分が健康かどうか、どんな手段を使って確認していますか?

私なら、「人間ドック」で検査を受け、病院でくまなく自分の体を診てもらいたいと考えます。
体の調子が少しおかしいな…と思って、病院に足を運んで医者に診てもらい、単なる風邪という診断であればいいですけど、肺炎になる一歩手前だったり、食生活自体を変えてしまわないといけなかったり、場合によっては手術しなければいけない状況にもかかわらず、それに気づかず放置していると、極端にいうと癌のステージ4で手遅れになってしまうこともありえます。そうなってしまうと、取り返しがつかないですよね。

会社経営も同じです、ステージ4で手遅れになる前に財務の専門家に診断していただくことをオススメします。以下に、簡単なチェック項目を用意しました。要治療・要精密検査・軽度異常に該当した方は、財務ドックを受診してください。

財務診断悩み
財務診断相談先
財務相談の頻度
財務診断判定の説明

いかがでしたでしょうか?「できている!」と思っていた方も、意外な落とし穴に嵌っていたりするのです。専門的な「財務診断」には、裏付けがあります、岸野浩通本人が起業して約12年、多くの製造業の財務顧問として実務に携わってきました。そして、2年間で46社の卒業生を輩出している「岸野流実践財務塾」では、「製造業に特化した財務塾」として、確固たる地位を築きました。
 そこで、岸野流実践財務塾で学ぶにはハードルが高いとお考えになる経営者向けに、もっと簡単に会社の財務の健康診断を行える「財務ドック」をご用意しました。診断は簡単です。以下のエントリーフォームに必要事項を記入していただき送信していただくだけです。専門の担当者が折返しサービスのご案内をお伝えいたします。

財務ドックエントリーフォーム
財務ドックサービスの流れ
財務ドックスケジュール
財務ドック準備するもの

過去三期分の決算書(財務諸表)
現在の業績が分かるもの(詳しくは、専門の担当者がお伝えいたします。)
診察時間の2時間(診察場所は相談ください。)

財務ドック内容

診断内容:金融機関からの借り入れ方法の見直しや、事業計画策定における優先事項などの助言。人間ドックに例え、身体測定、血液、体幹といった10項目に分けて企業の健康状態を示します。

財務状態を客観的な指標で示した上で、超短期の借入金バランスを見直して資金繰りを改善するなど、必要に応じた”処方箋”をご用意します。

受診時間:2時間
(完全予約制・時間は目安です。)

財務ドック診断費

受講費用:2万5千円(税別・前振込制)*関連会社1社ごとに1万円加算。
支払い方法:PayPay又は銀行振込

財務ドック申込み

診断方法は簡単、以下のエントリーフォームに必要事項をご記入後 送信ボタンをクリックしてください。  プライバシーの観点から、社名を伏せていただいても構いません。 お客様の「知りたい」を、岸野が解決いたします。 お気軽にエントリーください。

お名前/会社名
必須
メールアドレス
必須
題名
ご不明な点等ございましたら相談ください
 

財務ドック申込み
コラボレックス
会社概要はコチラをクリックしてください。
財務ドックこだわり

皆さんは、自分が健康かどうか、どんな手段を使って確認していますか?

私なら、「人間ドック」で検査を受け、病院でくまなく自分の体を診てもらいたいと考えます。
体の調子が少しおかしいな…と思って、病院に足を運んで医者に診てもらい、単なる風邪という診断であればいいですけど、肺炎になる一歩手前だったり、食生活自体を変えてしまわないといけなかったり、場合によっては手術しなければいけない状況にもかかわらず、それに気づかず放置していると、極端にいうと癌のステージ4で手遅れになってしまうこともありえます。そうなってしまうと、取り返しがつかないですよね。

そこで重要なのは、癌のステージ4は誰が診断するかということです。

自分でステージ4と決めるわけではなく、「医者」という専門家が診断して決まることなのです。でも1回こっきりの人生、自分なら人間ドックで、癌が治る見込みのあるステージ1で早期発見してもらいたいなあ。
ひるがえって、皆さん経営者の方が経営する会社(法人)であっても、同じことが言えると思いませんか?もし経営者の方が、会社の数字(財務)を見るのが苦手で、ちょっとした数字の変化の中に思わぬ病気になる兆候があったとします。でも、それに気づかず放置していると下手すると会社が倒産する一歩手前になってしまい、大変な状況で難局を乗り切らねばならないことにもなりかねません。

自分で「ステージ4」を決めてはダメです。専門家の判断を聞きましょう。

私は、銀行の法人融資担当者として12年間、多くの経営者と会い、その企業の決算書や企業の生々しい実態を見てきました。その後、設立3年目のベンチャー企業における財務担当者に転身し、事業計画の立案、それに基づく資金調達から始まり、企業に必要な財務の実務を経験してきました。
ある意味、銀行という組織に所属した人間から見る企業とは、まったく逆の立場で、銀行という組織を外から見ることになったわけです。この経験は何物にも変えがたい大きな経験だったと思います。

専門的「財務診断」には、裏付けがある。

そして2007年に起業して約12年、現在、数多くの製造業の財務顧問として実務に携わらせていただいております。
会社設立10年を機に、2017年には、製造業経営者向けにその実務経験に基づく【岸野流実践財務塾】を開講し、約2年間で46社の卒塾生や在塾生に財務の本質をお伝えしてきました。その経験の中で、いきなり財務顧問として顧問契約をしたり、岸野流実践財務塾で学ぶにはハードルが高いとお考えになる経営者向けに、もっと簡単に会社の財務の健康診断を行える方法はないかと考えるようになりました。

今、求められているのが、財務ドック

そこで、考えたサービスが、人間ドックじゃなくて【財務ドック】です。【財務ドック】で診断を受け、会社が健康であれば、それで良し!会社の財務で何か改善すべきところがあれば、どこに気をつけたらよいか具体的なアドバイスがあり、それが分かれば経営者は安心して経営できるじゃないですか。分からないというところに、不安が生まれるのです。不安のメカニズムはそういうものです。この僕の考えにご賛同いただける経営者の方からの、【財務ドック】の受診お申し込みをお待ちしております。

岸野流実践財務塾塾長 岸野浩通

財務ドックエントリーフォーム