「財務」と「経営」を一体化する
独自カリキュラムと少人数制講義

当塾独自の学びの特徴は、自社の決算書をテキストに使用することです。自社の決算書をテキストとする理由は、経営者や経営幹部の方々が、目の前の決算書の数字と普段経営する中で感じていることが繋がっていることを実感できるからです。”自分ごと”として数字と向き合うことで、財務と経営が結び付いていることに気づきが生まれます。その気づきから、会社に戻ったら学んだことを実施してみよう!実施したら効果が出たぞ!なるほど、財務は会社に役に立つぞ。おもしろいなと思えるようになります。学びの中での1つ1つの気づきが自身の大きな力となって、経営者が会社を発展させていくための将来の道筋を作ります。なんとなくの理解ではなく、確実に「わかる」そして「実践する」の領域まで全6回の授業で到達してもらうことが、岸野流実践財務塾が掲げる目標です。

また、4名〜5名までの少人数制での講義であることも当塾の特徴です。当塾独自の学びである自社の決算書をテキストに使用することは、講義に参加する経営者の人数分、たくさんの気づきが生まれてくるということです。気づきに対する素朴な疑問は、すぐに講師に質問し納得できる回答をもらうことでさらに理解が加速します。大人数の講義の場合、あらかじめ用意されたどこかの会社の財務諸表を元に講義を進めることが多く、少人数制で学ぶような環境を実現することは難しい。当塾が少人数制にこだわる理由です。

1講義2時間半の授業を隔週で全6回(3ヶ月間)で、財務の理論の修得から経営での実践まで展開できるようになります。

事業性評価シートを自社で作成する

当塾独自カリキュラムですが、経営者や経営幹部の方々が講義を修了するまでに「事業性評価シート」を作成していただきます。事業性評価とは、経済産業省や金融庁が金融機関に、融資先企業から入手する決算書データだけではなく、財務内容に表れないその企業が持つ強みや弱み、内部環境や外部環境を把握し、持続的成長を支援する上で事業性評価シートの作成を促されています。自社の「健康診断書」としての機能や「経営計画書」としての機能を持っています。自社の経営状況を客観的に評価し、評価結果を金融機関と共有し、改善方法を見出すことができるだけでなく、問題や課題の早期発見・早期治療にもつなげることができます。

岸野流実践財務塾では、この事業性評価シートの書き方、考え方も学習し、財務がわかるだけでなく経営戦略の立案までをフォローします。

難しい言葉を使わずにわかりやすく説明、フォローをしていきますので、安心してご受講ください。

事業性評価シート書き方マニュアルがあるから安心

卒塾生の中には、この事業性評価シートをもとに金融機関とのコミュニケーションに活用するだけでなく、本シートを高く評価してもらっている方もいます。

卒塾生の中には、すぐに金融機関との取引に良い影響があった方や、経営の短期的な動きから長期的な動きまで把握し、「活用」にまで至っている方もたくさんおります。

岸野流実践財務塾のサポート範囲

大人になってからの学びは、やらされ感で学んでいた学生時代とは違い、大変楽しいものです。また、すぐに自社で活用できる内容のため、学びをすぐに実践に変えることができます。学びの意欲さえあれば、「知る」だけでなく「やってみる」、「わかる」から「できる」まで、あっという間に壁を越えていくことができます。

講師は、長年の経験からその気付きを与えることに長けていますので、安心して学習が可能です。

受講料(税抜)全6回:250,000円