愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

  • 1日限定2名製造業向け決算書診断
  • 財務塾塾生の声
  • 財務塾47都道府県財務塾全国制覇の道

講師紹介

講師は塾長のみ、だから間違いない

岸野流実践財務塾では、塾生とより近い距離で学習するため、塾長本人が各地へ向かい講義をします。金融機関の現場で学んだ経験は、より具体的で説得力のある講義となり書籍指導などと違い、「リアル」な学習を塾生は体験できます。また、各塾生の決算書をテキストとすることで、より「リアル」な講義が完成します。

Q1:少人数制導入の良さはなんですか?

質問しやすい環境を作るためです。20名、30名の講義だと、疑問点があっても、必ず不完全燃焼の部分が残るんです。疑問点をそのままに講義を進行しても、意味がない。塾運営としては非効率ですが、量ではなく理解度を高める質重視の運営をしたいという思いもあります。

Q2:どのような雰囲気の講義を意識していますか?

お堅い財務の話に、笑いの要素を取り入れる。
面白い例え話を交え、笑いながら財務の力がつけば最高やないですか。

Q3:やる気が無くなってしまった時はどうしたらよいですか?

この実践財務塾で、やる気がなくなることはまずありません。「財務は楽しみながら学ぶ」が塾のコンセプトですから。やる気がない方は、受講料をご返金しますので、退塾頂きます。

Q4:塾生と接するときに意識していることはありますか?

専門用語を使わないことです。
仕事柄、専門家と呼ばれる人と会う機会が結構あるのですが、多くの専門家は専門用語を使うことが専門家だと勘違いしてるんじゃないか…と感じることがありますね。
で、そういうあなたは何なんだ?との声に対しては、僕は専門用語を使うのも使われるのも嫌いなだけや!
と答えることにしています。

岸野流実践財務塾 塾長の岸野浩通です。

銀行員として12年間勤務し、その後 転身したベンチャー企業の経営企画室長を経て、2017年に自身の名を冠した「岸野流実践財務塾」を開講するに至るまで、3,000社以上の決算書を読み解き、中堅中小企業の財務顧問として経営者の隣で様々な解決策を現場で実践してきました。そして、数多くの経営者と接する中で、私はある事実に気づきました。

それは、ほとんどの経営者が顧問税理士から自分の会社の決算書を受け取っているだけで、どう経営に役立てたら良いか、ぼんやりとしか分かっていないことでした。

じゃあ、今まで何か行動を起こしたことはありますか?と尋ねると、顧問税理士に聞いたり、何度となく専門家と呼ばれる人のセミナーを聞きに行ったりしたのだが、結果として、ぼんやりとしかわからなかったと言うのです。挙句の果てには、実は決算書アレルギーなんです、と告白されたりするのです。

「木を見て森を見ず」という言葉があります。2時間程度のセミナーで、木や枝のことばっかり先に学んでも、財務の全貌は理解できません。むしろ、できるわけがない。常日頃、私は経営者にこんな風に言います。
「先に森(全体)の見方を知ってから、木を見るのです」と。

この違い、わかりますか?

経営者が、自社の決算書をどう経営に活かせば良いのかぼんやりとしか分かっていないことは、会社にとって大きな損失ではないのか。売上と利益だけを見るのが、本当の経営なのか。この疑問こそが、私がこの塾を立ち上げた動機です。
岸野流実践財務塾では、簿記や会計を学ぶのとはまったく違い、経営者として絶対に押さえておかなければならない「財務」の本質を半年間かけてお伝えしています。

財務って面白いじゃないか!
モヤモヤ感がなくなってスッキリしたぞ!
よっしゃ!塾で学んだことを会社に持ち帰って、実践してやろう!
私が財務塾をやってよかった!

と思える瞬間は、経営者にそのやる気スイッチを入れるお手伝いが出来た瞬間です。

財務は難しくないのです。無形のものは、どの会社から買うかではなく、誰から買うか、が正解です。

岸野流実践財務塾で共に学び、財務の面白さに気づいてみませんか。

⬛️塾長プロフィール

1970年:香川県生まれ
1993年:同志社大学商業部卒業
同年:阿波銀行入社(12年勤務)
2005年:阿波銀行退職
同年:ベンチャー企業の経営企画室長に転身(財務・M&A・新卒採用)
2007年:コラボレックス株式会社設立 代表取締役就任
2015年:NPO法人全日本製造業コマ大戦協会財務担当理事就任

⬛️全日本製造業コマ大戦とは

全国の中小製造業が自社の誇りを賭けて作成したコマを持ち寄り、土俵の上で一対一で戦います。こうしてトーナメントを勝ち上がり見事優勝したチームは、その大会の出場コマを「総取り」できます。この小さなコマを、製造業に携わるプロが本気で設計し、プロの機械を使用して自社の持てる技術をすべて注ぎ込んで製作します。コマ大戦では、中小企業に従事する者や一般市民に対して、中小企業の活性化を図る事業及び職業能力の開発・雇用機会の拡充を支援する事業を 行うことにより、中小企業に従事する者のモチベーションを向上し、中小企業に活力を与え、日本経済の成長に寄与することを目的としています。

コマ大戦と財務塾
⬛️MONOZUKULINKとは

日本のものづくりの新たな発展をするために、地域のものづくり企業群が、地域だけの活動にとどまらず、各地のものづくり企業群と連携することが、大きな力になると考えます。各地の「企業群」と「企業群」が、地域を越えた交流で、新たな「ものづくり日本」を創造する地域と地域の企業群連携グループを構築しよう!そうすることで日本のものづくりを皆で守って育てること、そして連携し中小企業どうしが新たな市場価値を生み出すためのオープンな情報交換の場を提供する活動を中小企業自らが行おうとする取り組みが「Monozukulink.net」です。

MONOZUKULINKと財務塾
■コチラのページをご覧頂いた方が続けてコチラを見ています。
大阪財務塾お客様塾生の声
財務診断
財務塾お問合せ

サブコンテンツ