財務塾21期 東京講座 大川岳伸さん「やれてないことは、やらなきゃいけないこと」

株式会社大川硝子工業所 代表取締役社長 大川岳伸さん

【受講動機】

なんとなく上手くいっている経営が、数字として本当に上手くいっているのか、はたまた勘違いなのかを見極めたかったので、財務の視点から見つめ直そうと思いました。また、先代(父)と対等に意見を交わすためには、財務の知識が必要だと思い、受講を決意しました。

【受講中の心境・カリキュラムの中で特に印象に残っている点

他の受講者の財務状況の特長が各社異なるため、非常に興味深かったです。

【受講して良かった点・事業性評価シートを作成して】

数値から過去を分析し、未来を描くことの重要性を理解できました。頭の中にあることを言語化することは非常に困難でしたが、社員にも銀行にもわかりやすく伝えることができるようになりました。

【今後に活かすこと】

今後融資を検討する際は事業性評価シートは必ず活用しようと思います。また、今まで社員には経営全体を俯瞰した話をしてこなかったので、社員と事業性評価シートを共有し、意見交換をしてみようと思います。SWOT分析や3C分析を社員視点で実施したものも見てみたいと思います。

「やれてないことは、やらなきゃいけなこと」これは、とある動画で見たセリフですが、財務に関しては自分にとってまさに、やれてないことであり、やらなきゃいけないことでした。今回、財務塾をきっかけに財務の世界に足を踏み入れることができ、一歩前進だと実感しています。


会社概要

会社名株式会社大川硝子工業所
所在地〒131-0043
東京都墨田区立花5-8-19
URLhttps://okawaglass.com/
事業内容各種硝子びん製造及び販売